「建築の過程」

1999年春に南棟の建築計画がスタートしました。コンセプトは、「家・自然・3E」。まず、このコンセプトを理解していただけそうな建築家に十数人会いました。その中には世界的に有名な方もいます。こちらは、「変なこという施主だな~?」と思われないかとひやひやしながら話すのですが、幸いなことにどの建築家の方も「おもしろい! やってみたい!」というお返事ばかりでした。お会いした建築家を6人に絞り、コンペ(競技設計)のようなものを開き、人柄、センス、考え方等を基準に全職員で評価をさせていただきました。結果、全員一致で石井良平建築研究所の石井良平氏にお願いすることになりました。石井さんは以前大手設計事務所におられ、小学校や大学、図書館や子ども博物館等のプロジェクトに参画され、独立してからは個人邸を多く手掛けられています。幼稚園の設計は今回が初めてです。理事の中には一抹の不安を持つ方もおられましたが、この建築に関する趣旨からすると適任だと考えました。結果は見ていただけたら分ると思います。

 

石井良平建築研究所に対して、「家・自然・3E」のコンセプトを基にした多くのアイデアと希望事項をお願いしました。そのいくつかを掲載します。これまでの幼稚園建築にはなかったと思われることもたくさんあります。これらをいかに図面化していくか・・・大変御苦労されたと思います。

 

園 舎・園舎ではなく、家(おうち)を建てて欲しい ・体に優しい自然素材をできるだけ使用 ・環状(既存園舎→森の遊具→新園舎→既存園舎)の動線を確保 ・既存園舎から新園舎につながる橋からイチョウに触れるようにして欲しい ・解体した旧園舎デッキ部分の雰囲気を再現する ・具象的な形は使用しない(明らかにそれとわかる具体的な形を使わず、見方によって色々に想像できる形を使う) ・雨でも遊べる場所の確保(ピロティ) ・聴覚遊具を仕組む ・ドアは重ねておもしろいモノにする ・移動家具 ・移動間仕切り ・各部屋に巣(隠れ家スペース)を作る ・各部屋の天井に強度のあるフックをつける

屋内遊具「家具の森」(後述)・家具の上を歩き回れる(環状、グルグルと樹間を遊び回るリスやサルのように…) ・この「家具の森」を通って3クラスを行き来できる ・途中には20名ほどの子どもが集れる場所をつくる ・隠れ家をつくる ・視点の違いを出す(高さの違う場所をいっぱい作る) ・六甲山を眺望できるスペースをつくる

屋外遊具「森の遊具」(後述)・森の中にある遊具、森を楽しむ遊具、森に触れる遊具 ・アエルの森にある木(けやき、やまぼうし、うりはだかえで等)も植え、幼稚園とアエルの森をつなぐ ・できるだけ多くの視点が異なるスペースをつくる ・四季を通してひとつの木を色々な高さや角度から見・触ることができる ・集えるスペースをつくる ・多少の雨でも遊べるスペースの確保